介護保険のおすすめ人気商品3選と相談窓口ランキング

公的介護保険もある中で、民間の介護保険に加入する必要とメリットはあるのでしょうか?

 実は介護においては、国の制度である公的介護保険制度だけではカバーし切れない出費がたくさんあるんです。
高齢になり、定年退職もすると年金生活になり、現役時代とは収入や出費も変化します。

この記事は5分程度で読めます

\おすすめの商品はこちら/

おすすめの介護保険3選

では加入者が多い人気な民間介護保険は、どの介護保険でしょうか?

ここからは、数ある介護保険の中でもおすすめな介護保険を3つご紹介します。

1アフラック『ちゃんと応える医療保険介護EVER』

最初におすすめするのは、アフラックの『ちゃんと応える医療保険介護EVER』です。

アフラック「ちゃんと応える医療保険介護EVER」

この保険は、病気・ケガをした際の

  • 入院
  • 手術
  • 放射線治療
  • 通院

の保障とともに、介護・認知症の保障が受けられます。

介護保障としては、所定の状態になったとき100万円の介護一時金と認知症介護一時金を受け取ることが可能

月々の保険料は変わらずに保障は生涯続くので、50歳以上の介護リスクに備えたい方におすすめです。

\当サイトで圧倒的人気(全国可)/

2明治安田生命『介護のささえ』

次におすすめなのが、明治安田生命から出てる『介護のささえ』です。

明治安田生命「介護のささえ」

『介護のささえ』は、所定の要介護状態になったときに受け取れる一時金や終身年金などの保障が、一生涯続く介護保険です。

 保障をさらに手厚くする特約では、要介護1・2になったときでも一時金が受け取れる「軽度介護一時金保障特約」などがあります。

保障内容は公的介護保険制度と連動しているので、「公的介護保険制度プラスα」で介護に備えたい方におすすめです。

\当サイトで圧倒的人気(全国可)/

3三井住友海上あいおい生命『新医療保険Aプレミア』

最後に紹介するのは、三井住友海上あいおい生命の『新医療保険A(エース)プレミア』です。

三井住友海上あいおい生命保険「新医療保険Aプレミア」

『新医療保険A(エース)プレミア』もアフラックの『ちゃんと応える医療保険介護EVER』同様、基本保障は入院・手術などへの保障となります。

介護や認知症にも備えたい方はオプションとして、保障を組み合わせることが可能。

「終身介護保障特約」では、要介護2から年金や一時金が受け取れます。

\当サイトで圧倒的人気(全国可)/

介護保険を選ぶなら保険相談所はこの2社が絶対おすすめ!

万が一のとき困らないように介護保険に加入したいと思っても、自分にどんな保障が必要なのかもイマイチわからないことも。

自分にぴったりの介護保険を、複数の商品から専門家に提案してもらえたら一番楽だと思いませんか?

 おすすめの介護保険は人によって必ず異なります。いくら人気があっても、あなたに最適でなければ意味はありません。

おすすめの無料の保険相談所はこちらです!

ほけんのぜんぶ
栄えある第1位に輝いたのは、柔道男子監督・井上康夫さんがイメージキャラクターを務める「ほけんのぜんぶ」です。
取り扱
保険会社数
対応地域
32社 全国
FP資格取得率 オンライン相談
100% 可⭕️
相談できる場所
もっと詳しく見る
取り扱い
保険会社数
合計:32社
生命保険:20社
損害保険:9社
少額短期保険:3社
主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
キャンペーン あり
\オンライン・訪問対応可能(全国)/

ほけんのぜんぶには、お金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)が260名以上在籍しています。

商品も30社以上の保険会社の保険を取り扱い、初めて保険に加入する方・保険を見直す方にぴったりの保険相談所です。

ほけんのぜんぶの無料FP相談の流れ

ほけんのぜんぶで無料保険相談を申し込む際は、自分の都合が良い日時と場所を決めるだけ。

全国各地に無料で出張相談に来てくれる、またはオンラインでの相談が可能ですので、

  • 仕事が忙しくて時間が取りにくい方
  • 小さなお子さんがいて中々外出できない方

にもおすすめです。

ほけんのぜんぶの無料FP相談

当日FPには、保険の相談だけでなく資産運用や家計の見直しについてなど、お金にまつわる全般の相談に乗ってもらえます。

ちなみに相談は何度しても無料

しかも今なら、無料相談するだけで豪華プレゼントが必ず貰えるので、保険に加入するかどうか迷っている方でもこの機会に一度、専門家に無料相談してみるのをおすすめします!

\オンライン・訪問対応可能(全国)/
保険市場
無料保険相談おすすめランキング第2位は、専業保険代理店では唯一となる東証一部上場企業の「保険市場」です。
取り扱
保険会社数
対応地域
84社
全国
総保険契約
保有件数
オンライン相談
55万件以上 可⭕️
相談できる場所
もっと詳しく見る
取り扱い
保険会社数
合計:84社
生命保険:27社
損害保険:29社
少額短期保険28社
主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/変額個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能
\オンライン相談大人気/

保険市場の特徴保険市場のお客様満足度は97.9%。オンラインで簡単に申し込んだら店舗はもちろん、自宅でもアプリなしで簡単に無料の保険相談が可能です。

現在617店舗もの協力店舗数を誇り、業界老舗・東証一部上場企業なため安心度が違います。

\オンライン相談大人気/

どこの無料保険相談にするか迷ったら?

もしどこの無料保険相談を利用するか迷ったら、『ほけんのぜんぶ』と『保険市場』の両方を利用しましょう。

両方利用した方が絶対に良い理由は、以下の3つです。

  1. 相談所によって提案される保険は異なる
  2. 複数回相談することで保険についての知識が深まり、どの保険が自分に最適か見極められるようになる
  3. 自分と相性が悪い相談員の可能性がある

保険は、

  • ライフステージが変わるたびに保障内容を見直せるもの
  • 一度加入したら生涯同じ保障と保険料の支払いが続くもの
  • 中途解約したら損になるもの

など様々なタイプがあります。

なので保険に加入する際は、将来を見据えて「本当に自分に合っている保険なのか」を見極める必要がありますが、それは素人からすると少しハードルが高いですよね。

 なので保険初心者にはとくに、取扱い商品も在籍するFPも違う複数の保険相談所を利用するのをおすすめしています。

そうすると複数のプロの意見が聞けるだけでなく、新たな情報も得られてより納得した保険選びができるでしょう

中でもオンライン保険相談を行うほけんのぜんぶなら、不要な外出をせずにプロに相談可能です。

\オンライン・訪問対応可能(全国)/
\オンライン相談大人気/

そもそも介護保険は必要?

公的介護保険制度でまかなえるなら、わざわざ民間の介護保険に加入する必要性はないでしょう。

下図のように、65歳未満で公的介護保険制度の対象となる人は、定められた「16種類の特定疾病」が原因で要介護・要支援状態と判断された時に限ります。

公的介護保険制度の保障範囲

※公的介護保険で満40歳〜60歳の方がサービスを受けられる16種類の「特定疾病」
末期癌、関節リウマチ、筋萎縮性側索硬化症、後縦靭帯骨化症、骨折を伴う骨粗鬆症、初老期における認知症、進行性核上性麻痺・大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病、脊髄小脳変性症、脊柱管狭窄症、早老症、多系統萎縮症、糖尿病性神経障害・糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症、脳血管疾患、閉塞性動脈硬化症、慢性閉塞性肺疾患、両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
また調査によると、平均的な介護の期間が4~10年だった割合が一番多いですが、10年以上費やした割合も2番目に多いのが特徴的です。
また、介護にかかる自己負担額は月々平均7.8万円であることから、およそ425万円が介護費用として必要となります。
介護期間と介護費用の平均

さらにこの金額から、住宅の改修やベッドの購入をはじめとする一時金は平均80万円かかるといわれています。

介護が必要になる人は年々着実に増加しており、介護が不要な人の方が珍しくなっている現代、ご自身で介護保険を準備しておく必要性は高いでしょう。
要介護度別認定者数の推移※出典:厚生労働省
\当サイトで圧倒的人気(全国可)/

民間の介護保険ってどんな仕組み?

民間の介護保険は、所定の介護認定を受けて初めて給付が開始されるのが一般的です。

また、受け取れるお金も

  • 一時金(一気に受け取る)
  • 年金(月々決まったお金を受け取る)

など選択ができます。

公的介護保険制度と民間の介護保険では、以下のような違いがあります。

公的介護保険制度と民間介護保険の比較※出典:「入院・介護のお金」技術評論社刊/畠中雅子、新美昌也共著

特に、民間の介護保険は現物支給ではなく現金を受け取れるため、使途が自由なところも良いですね。

また要介護認定を受けたら、その後保険料の支払いをせずに保障は受け続けられる「保険料払込免除特約」が付加できるのもメリットです。

\当サイトで圧倒的人気(全国可)/

まとめ

「今後増やしたい生活保障の準備項目」では、世帯主をはじめとする配偶者の老後生活資金の準備や介護資金の準備が非常に高い割合を占めている調査結果もあることから、民間の介護保険の必要性は今後も高くなるでしょう。

あなたや大切な家族に最適な保険商品は、必ずあります。無料で相談できる機会を利用して、将来のお金をしっかりと備えましょう。

\オンライン・訪問対応可能(全国)/
\オンライン相談大人気/
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。